« 満月 | トップページ | 初雪 »

2004年12月28日 (火)

【石垣りん】おやすみなさい

昨日の新聞、スマトラ沖地震の記事が大半を占めていた紙面の片隅に、詩人の石垣りんさんの訃報を見つけました。

自立した自由な人間の目で社会や女性の生き方をとらえ直した詩人の石垣りん(いしがき・りん)さんが、26日午前5時35分、東京都杉並区内の病院で死去した。84歳だった。(中略)6月に脳こうそくで倒れ、入退院を繰り返していた。

 日常の言葉を用いて、戦後の社会や家族制度、労働について詩にした。鋭い批評性とあたたかな人間味が共存する作風は、幅広い読者を得、多くの作品が教科書に採用されている。短編小説やエッセーも手がけた。(全部読む)
 YOMIURI ON-LINE 04/12/27

石垣りんさんの作品を初めて読んだのは、中学の国語の教科書に載っていた「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」でした。
その詩はわかりやすい言葉で書かれていて、何故かとても惹かれたのでした。

有名なのは第1詩集の題名にもなった「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」や、「表札」ですが、あさぎが一番好きなのは「おやすみなさい」という詩です。

おやすみなさい       石垣りん

おやすみなさい。

夜が満ちて来ました
潮のように。
ひとりひとりは空に浮かんだ
地球の上の小さな島です。

朝も 昼も 夜も
毎日
何と遠くから私たちを訪れ
また遠ざかって行くのでしょう

いままで姿をあらわしていたものが
すっぽり海にかくれてしまうこともあるように。
人は布団に入り
眠ります。

濡れて、沈んで、我を忘れて。

私たち 生まれたその日から
眠ることをけいこして来ました。
それでも上手には眠れないことがあります。

今夜はいかがですか?

布団から やっと顔だけ出して
それさえ 頭からかぶったりして
人は 眠ります。
良い夢を見ましょう。

財産も地位も衣装も 持ち込めない
深い闇の中で
みんなどんなに優しく、熱く、激しく
生きて来たことでしょう。

裸の島に 深い夜が訪れています。
目をつむりましょう。
明日がくるまで。

おやすみなさい。

この作品は20数年ほど前に東海テレビのクロージングVTR用にと依頼されて書いた詩です。朗読されることを前提にしているので『音で聞いてわかりにくい言葉は初めから使わない』ように書いたそうです(エッセイ集「夜の太鼓」より)。
80年代に中京圏に住んでいた方ならば、クロード・チアリのギターの曲と共に朗読されたこの詩に聞き覚えがあるのではないでしょうか?

実は、つい最近エッセイ集を3冊買ったばかりだったのですが、忙しくてきちんと読んでいませんでした。
追悼の意味も込めて、このお休みの間に読もうと思っています。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« 満月 | トップページ | 初雪 »

コメント

この詩の作者は、亡くなられたのですか…懐かしい気持ちと、残念な気持ちで胸が満たされてます。僕も愛知県に住んで居る為、このクロージングは、良く見ましたし、楽しみにもしてました。詩の出来も大変良く、メロディーも最後、何よりも映像が良かったです。確か、渥美半島の菊の栽培をして居る家族の場面だったと思いますが、家族一人一人の顔全てを今も、ありありと覚えて居ます。 やや太めのお嫁さんと、旦那さんの両親そして、坊ちゃん刈りの5~6才の坊や…あの仲の良さそうな家族を見るに付け、一日の疲れが癒される感じがしたものです。出来る事ならば、もう一度あのクロージングを見たい気持ちで一杯です。 あの家族は、今どんな風に暮らしているのかなぁ…? 会って見たいなぁ…最後に、不思議な事ですが、最近に成って急に思い出して、駄目元で、おやすみなさい~をアクセスして見ました。 アクセスして見て、良かったです。 一件だけでした… ヒットして良かった。ありがとうございました。 心からご冥福をお祈り致します。

投稿: 嶋田茂和 | 2008年1月30日 (水) 07:28

偶然ですね。
私もふと思い出してアクセスしてみました。
私は暗いオレンジ色の海の夕焼けが印象に残っているのですが、記憶違いでしょうか?
今読み返してみると凄い詩ですね。
意識が毎晩どこかへ引いてはまた還ってくる。
詩の奥の深い夜へ飲みこむような不思議な引力を感じました。

投稿: 不眠症のまり | 2008年2月24日 (日) 03:41

私も、東海(?)テレビのクロージングが急に見たくなって、いろいろ調べてたらココにたどり着きました。
恥ずかしながらこの詩の作者のことは全然知りませんでした。
当時、小~中学生の頃だったと思うのですが、これを見るたび「死」を連想してました。今、改めて読み返してみると、とても深く優しい詩だと思います。
石垣りんさんとその作品をもっと知りたくなりました。

投稿: ぢぢまる | 2008年3月13日 (木) 22:22

はじめまして。私も、この詩が気になっていた者の一人です。名古屋での大学時代、深夜まで勉強して、ふとTVをつけたら、東海TVのこのエンディングが流れていたものでした。伊良湖の風景や楽しそうな家族団らんの風景は、遠い実家を連想させて、郷愁から思わず涙ぐみそうになったものです。私は88年に名古屋を離れ、他のエンディングを観ることはできなくなりました。今になって、ビデオにとっておかなかったことが悔やまれてなりません。あの幸せそうな家族はいまどうしていらっしゃることでしょう。それにつけても、あの映像と朗読、そしてギターの演奏ををもう一度味わいたいです。

投稿: jun | 2008年8月11日 (月) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26413/2402416

この記事へのトラックバック一覧です: 【石垣りん】おやすみなさい:

« 満月 | トップページ | 初雪 »